前へ
次へ

賃貸管理で家賃滞納がひどいときの対応

賃貸管理の問題の一つとして家賃滞納があり、初動対応が良くないと長引く可能性があります。滞納の原因として本当にお金がなくて払えないときとお金はあるが払わないときがあります。お金がなくて払えないならそのまま利用してもらってもどんどん滞納が増えるだけです。きちんと話をして退去してもらい、賃料は保証人などに支払ってもらう必要があります。意外に長引くのがお金があるのに払ってもらえないときで、一旦払ってもらえないと何か月も払ってもらえないときもあります。賃貸管理においては賃料を払ってもらえないときはすぐにでも退去してもらいたいところですが、法的な手続きはすぐに取れないことが多いです。まずはきちんと督促をして相手に滞納があることを知らせなければいけません。それでも滞納するならより強い書面で伝えそれと同時に契約解除も行います。一定期間滞納があると賃貸契約の不履行から明け渡し請求など法的な手続きに移れます。最終的には強制執行によって退去してもらいます。

Page Top