前へ
次へ

賃貸管理においてリフォームの基準を決める

不動産用語には似ている言葉があり、リフォームとリノベーションはどう違うのか悩む人もいるかもしれません。リフォームは以前の設備を入れ替える工事で、トイレの便器の入れ替えやキッチン一式を入れ替える工事などを指します。一方リノベーションは部屋の間取りをすべて一から見直して変更する工事で、時には水回りの位置を変更したりすることもあります。賃貸管理では短いサイクルでリフォームを、長いサイクルでリノベーションをすれば同じ建物で長く経営ができるでしょう。リノベーションに関しては工事費用も掛かるので必ずしも行うわけではありませんが、リフォーム工事はどの物件でも一定間隔で行う必要があります。賃貸管理においてはリフォームをいつ行うのかの基準を決めておくのが良いでしょう。年数で決めることもあれば、それぞれの設備の状態を見て行うこともあります。5年経過したならリフォームをするとか、見た目に汚れが強くなったり省エネ性能が悪くなった時に行うなどがありそうです。

Page Top